一脚椅子

気になる子どもたちの姿勢に効果的な椅子で、姿勢づくりをしています。

座るだけで安定した座り方が出来るようにと、あえてバランスの悪い一本足の椅子を使い、自分の力で姿勢良く座るようにしています。

一脚椅子」が生まれるまで・・・

保育の中で生まれた「一脚椅子」。

多くの姿勢が気になる子どもに使ってもらいたいという思いから、「一脚椅子」を作りました。

 

姿勢がいいと健康にいい。

深い呼吸ができると、酸素が体内に十分に送り込まれる。

脳内酸素量が増えると落ちつく。

姿勢がいいと両手が自由に使える。

姿勢がいいと学習効果が上がる。

それならば、たくさんの子どもに「一脚椅子」を届けたい。

 

寝転がってしまう体幹の弱い子ども

椅子の座面に手をついていないと、座っていられない、体育すわりで話を聞くとすぐに寝転がってしまう子どもに、座っていられる体幹を育てたい!

数年前、保育所で出会った3歳クラスの男の子は、毎朝の集まりで出欠調べや1日のスケジュールを簡単に伝える5分から10分の間も、床に座っていることができず、1分と経たない間に寝転がってしまうのです。しんどいのかなと尋ねても「しんどくない」と言うし熱もありません。

クラスで栽培していたナスとピーマンの収穫後にクッキング保育をしました。いつもグニャグニャしているイメージだったその男の子が、意気込んで右手に包丁を持ち、まな板が置いてあるテーブルの前に立ってナスを切っていくときでした。

驚いたのは、包丁が近づいていくにも関わらず、ナスを押さえている左手が、全く動かず、今にも手を切ってしまいそうなので、後ろから彼の左手に私の手を添えたときでした。

軽くナスを押さえていると思っていた左手の役割は、ナスに手を添えている以上に、肘で自分の体を支えているという状況でした。

包丁を持っている右手は、まな板から浮かしてナスを切っていかなくてはならないため、反対の左手を、体を安定させるために肘に体重をかけて体を安定させていたようです。

今までたくさんの子どもとクッキングをしてきましたが、こんな風に左肘で自分の体を支えている子は初めてで、私自身がとても驚きました。

お腹に力を入れてギュッと硬くするということも、イメージがつかめないようで、石に変身したりすることもできませんでした。

給食は椅子の背もたれに、もたれかかって食べるか、テーブルに肘をついて食べる。折り紙は肘をついてするので、可動域が狭くなり、シワになったり破れたり・・・。
本人は一生懸命なのに、うまくいかなくて、イライラしていました。つらいですよね。
そうなると、やる気もどんどんなくなっていき、楽しくなくなっていくという悪循環でした。

そんな子どもが、肘などを使う事なく自分の姿勢を保つ事ができるようになればと考え、ホームセンターで探してきたキットを組み合わせて「一脚椅子」を作りました。

 

初めて見ると“これなんだ?”と思われてしまうようなものでしたが、私自身が「一脚椅子」に座って見せて、子どもにも「みんなも使っていいよ。」とクラスに5脚を手作りで用意しました。

子どもたちは、みんな興味津々。座ってもすぐにバランスを崩して椅子が倒れてしまうのに、なんとか倒れないように、体をまっすぐにして姿勢を正そうとする姿がありました。
自由に遊んでいるときに、折り紙したり、カードゲームをしたり、また、みんなで集まって話を聴くときにも使用することが増えていきました。そんな風に繰り返し使っていくことで、知らないうちに姿勢を正そうとする力が働き、自然に体幹が育っていった子どもたちでした。

彼は家庭でもそれまで日常的に使用していたソファーではなく、バランスボールに座って過ごす時間をつくってもらったりし、一年後にはみごとにシャキン!!と姿勢良く座ることができるようになりました。

いい姿勢になると、以降は別の椅子に座っても安定して座ることができます。
安定して座る事ができると疲れにくくなります。
深い呼吸が可能となり、とフラフラしないので、心理的にも安定します。
姿勢がいいと「体を前後左右、上下斜め」など、どの方向にもパッと動かせる「ニュートラルポジション」の状態を作ることができるため、作業効率が良くなります。
そして、見た目にもいいですよね。

悪い姿勢は、自律神経のバランスにも影響を与えてしまいます。
「イライラする」「疲れを感じやすい」「集中力が続かない」などの他、「人間関係がうまくいかない」といったより深い部分にまで繋がってしまうこともあります。

実際に子どもたちは、近隣の幼児施設の子どもに比べて、とても姿勢がよくなっていると、体育指導をしてくれている講師からも好評をもらっています。

こんなに効果があるなら、全国の全世界の姿勢が気になる子どもたちに使ってほしい。
小学校に入学する前に、体幹を整え、いい姿勢をつくり、フルパワーで学習に向かえるようになってほしい。

姿勢が悪いと呼吸も質の悪いものになってしまうということもわかってきました。
また、大人が使っても、自然と姿勢を正そうとするので、体幹が整い、腰痛の予防効果もあると、理学療法士さんからも言われています。

 

 

転びやすい一脚椅子ならではの効果!
座って転ばないように自分で姿勢をコントロール!!

「転ばないことがカッコイイ!」という意識が働いて
毎日座っているだけで、知らないうちに体幹が鍛えられ、自然にいい姿勢がつくられます。
姿勢が保てない子どものために、保育士が考えた一脚椅子。

ぜひ、お試しください。

「一脚椅子」のお問い合わせはこちら。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。